無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

断乳

もうすぐ3女も1歳になります。そろそろ断乳かなあと考えてみたものの、寝ぐずるとついおっぱいをやってしまいます。そうするとすぐに寝てくれるからねー。長女は9ヶ月で仕事復帰したので7ヶ月頃には断乳したし、次女は1歳で仕事復帰したので9ヶ月で断乳し、フォローアップミルクにしたのですよね。そんなに大変だった記憶はないのですが・・・。3女は3年後に仕事復帰なので自分としては断乳する必要はないのだ。そんなことを考えて昨日保育園のお母さん友達と話していたら1歳3ヶ月の子にまだおっぱいあげてるよと話され、「まだいっかー!」って気になった。しかももう1人のお母さんは「うちの子3歳まであげてたよ。寝る前だけだったけど、自分から3歳になったらやめると言い出して、3歳の誕生日を境にきっぱりやめたよ」と。我が子はどうなるかな、この話を聞いてよーし本人がやめるっていうまでやってみるか!と思い始めています。この方が私も楽ですからね。

長女は指しゃぶりが長かったのよねー。しかもなめちゃだめ、指しゃぶり止めなさいと無理矢理やめさせたら今度は爪噛み。実は今でも続いていてなんと!手の爪も足の爪も切ったことがないのです。足の爪まで噛んでしまうのですよー!愛情が足りなかったとか私が仕事で寂しかったとかあるのかなあなんて今でもちょっと思いますが、理由はさっぱりわかりません。ほんとみんなでかわいがってたんですよ。どちらの両親にとっても初孫でしたからめっちゃかわいがられたし。

次女は寝ているときに歯ぎしりです。そして、めったにありませんが、ときどき夜中に大声で泣きわめきます。半分寝てるみたいでこちらの声に応答しませんが起き上がってわーわー泣くんです。なにか怖い夢でも見てるのか・・・?抱きしめたりゆすって起こしたりお茶を飲ませたりするうちに寝ていきます。1番大変だったときは夜中に部屋に電気をつけて完全に起こしてトイストーリーのビデオを一緒に見ましたね。なにかストレスでもあるのかなあなんてこちらも理由がわからないままです。

3人以上の子を育てた人は子育てのプロと聞いたことがあります。我が家も3人ですが、まだまだわからないことばっかり。20年後はみーんなにアドバイスできるほどになれるのかなあ。

先日は中学校に通うお子さんをもつお母さんと話しをしました。どうもいじめによって不登校になっている子がいるらしい。女の子のグループ間でいろいろもめていて携帯電話に悪口メールがたくさん来たりするんだって・・・。なんか暗くなる話を聞いてしまった。我が子に対しても友人と上手にやっていけるかが一番心配かな・・・。

2006年1月25日 (水)

初カレーライス

長女2年生が1人でカレーライスを作ってくれました。「見ないで見ないで」と言うので、気になるものの私は読書をして待っていました。時間は2時間くらいかかったかな。カレールーの箱の裏を読んでがんばっていました。ジャガイモの芽を取ることはできないし、取ることを知らなかったようなのでそこは私がやりました。あと煮込んでいるときのあくとりを少し手伝いました。でも、とってもおいしくできました。家族みんなが「おいしい、おいしい」と食べ、本人と妹はおかわりをして、2合炊いたご飯が空っぽになりました。少食の我が子にとっては珍しいことです。また作ってくれるそうです。この調子でどんどん上手になってくれるといいなあ。私はといえば子どもの頃ほとんど手伝わず料理はとても得意とは言えません。それにめんどくさいからやらなくていいならやりたくないのです。しかし料理は大切ですよね。仕方なくがんばってまーす。子どもの頃からやっておけば料理好きになるかもなーんて期待も持ってやりたいときに手伝わせています。あと3年くらいしたら、「今日ママは仕事でちょっと遅くなるから何か作っておいて」と頼むと夕食が出来上がっているという夢のようなことも可能なのでしょうか。しかし子供ってほんとかわいいです。

2006年1月24日 (火)

保育園の役員

昨年の3月に引き受けた役員の仕事もあと2ヶ月。あとは卒園関係と、春のバザーです。バザーといっても新入園児のために手作り品を販売するのみなので、秋のバザーに比べたらたいしたことありません。しかも、手作りも得意な方が3人(1人は役員の親戚の他市に住まわれる方ですが・・・)全てやってくださり、時間はかかるができは売っているものとはほど遠いというなさけない者にとってものすごーくありがたいことになりました。

そして大事な仕事がもう一つ!新役員の決定です。これがどうなのかな?実はほとんど人脈のない私は付き添って誘っているもののよく分かってない状態です。新年長さんがあまり引き受けてくれないみたいで、ちょっと心配な感じ。やってみるとけっこう楽しいし、1年ならなんとかがんばれると思うんですけどね。でもそんなことを長々と話す前にみんな目を合わせないようにスーッと去っていく人もいるとか・・・。お迎えのときに現役員が待ち伏せ!?してるのでちょっと怖がられているのかも・・・。こちらもはやく決めてすっきりしたいのですけどね。どうかなあ。

話は変わりますが白髪が目立ってきたし、なんかまとまりが悪くなってきたので早く美容院に行きたいと思っていました。11月に行ったきりなんですよね。ようやく次の土曜に予約しました。楽しみー。美容院って慣れたところが楽ですよね。で、ついつい私は実家近くの美容院へずーっと行っているのです。今住んでいるところからは車で1時間以上離れています。実家に帰るついでに行くのです。今回は子供3人連れでみーんなさっぱりしてくるつもり。ただ、卒園式に着物を着たいと思っていますが、着付けを頼む人や美容院が困りますね。他の役員さんと同じところを紹介してもらうかなあ。まあもう少し先のことなのでこれから考えます。

2006年1月23日 (月)

カプリチョーザとシダックス

土曜日の昼にカプリチョーザ、日曜日の昼にシダックスに行って来ました。真ん中の子が誕生日なので、なにかお得があるところを探したのです。

カプリチョーザでは飲み物が4人分サービス。ジンジャーエールとオレンジジュース、グラスワインの赤と白を頼みました。あとは1つケーキもサービスしてもらえます。イチゴのショートケーキだけ100円増しですが、これにしました。大きいのでつっつきあって食べて大満足です。ポラロイド写真も撮ってもらい台紙に入れてもらえます。カラーペンも貸してもらえるため、家族でメッセージを書き込みました。これはいい思い出になりますね。イタリア語の歌のサービスでは私たち大人はどきどき!みんなの視線が恥ずかしーー。当人を見るとなんともいえない顔です。恥ずかしそうなうれしそうな照れくさそうな・・・。あの顔を見るとやっぱ歌ってもらってよかったわーって思います。そうそう風船ももらえました。

シダックスカラオケではキッズルームを選択しました。ここでは丸いケーキでした。ろうそく3本に火もつけてもらえてうれしかったです。たんじょうびおめでとうと書かれたチョコも飾ってありました。飲み物はシャンメリーかウーロン茶かオレンジジュースで選択できたのでウーロン茶にしました。ケーキは4つに分けても随分大きいですし、ウーロン茶もたっぷりもらえました。私はカラオケ大好きなので楽しかったー。コブクロ「さくら」は歌いきれず・・・。よく聞いてたつもりだったけど難しいんだなあと。中島みゆき「銀の龍の背にのって」では気分よく大熱唱!横でパパが「お前気持ちよさそうだなあ。これを他人に隣でやられたら俺は引くぞ~」って笑ってました。2時間があっという間。もっと歌いたかった(笑)採点機能があってこれもみんなで楽しめます。採点も甘くてみんな70点以上はもらえたので子供も喜んでました。

2006年1月21日 (土)

東京ディズニーランド

行きたくなって来たよー。ミラコスタ泊、ガイドツアー申し込み、ランチまたはディナーショー申し込み、キャラブレ朝食でどうだー!これなら当日焦らなくても素人で詳しくなくても楽しめるかなあと思ってますが。どうでしょう。1泊2日で1日ランド1日シーかなあ。まずは電話予約ができるかどうかにかかっているのかな。6ヶ月前にミラコスタで、1ヶ月前にガイドツアー、ランチショーはいつだったかな?また調べなくては。大人4人小学生2人幼児1人だとミラコスタのテラスのある部屋1室、ミラコスタの中では安い部屋1室でいいかなと今は考えています。寝るときだけ部屋に戻りますが、それ以外はテラスの部屋にみんな集まっていればいいかなと。この人数1室には泊まれないでしょうから。

もっといい計画あるのかな。せっかくミラコスタ泊なら、ホテルで食事した方がよいのかな。ミラコスタに泊まるならこれをしないとーーー!ってことがあったら教えてください。

気分は盛り上がっていますが、まだいつになるのか見当つきません。小学校を休ませられないと土日・・・?ああ!いやだ、思い切って水木と休ませてしまうか・・・いやあ日月で1日欠席にしておくか・・・などと悩みはつきません。親の仕事は水木でも休めるのです。うーーーん、どうしよう。

公式HPにて調べてみました。ピーク時だとスーペリアルーム50000円、テラスルーム91000円、これにチケット代9800円が4枚、6700円が2枚、交通費10万円くらい、ガイド代3000円4枚、1500円2枚、これだけで、30万8600円!!!あと食事するでしょ、えーっ!ちょっと驚きました。高すぎる。両親には食事代かチケット代くらいしか出せないとして・・・。予算とも相談しないとね~。いくら素敵な部屋でもピーク時には無理みたい・・・。

2006年1月20日 (金)

すべてがFになる

森博嗣「すべてがFになる」を読みました。1996年講談社メフィスト賞第1回受賞作だそうです。

天才真賀田四季が14歳のとき両親を殺し、その後孤島の研究施設に閉じ込められ研究を続けているといった設定。密室である博士の部屋からウェディングドレスを着た女の死体が発見されます。部屋のコンピューターには「すべてがFになる」といったなぞのメッセージが・・・。外部との通信手段もないといった状況の中、大金持ちの西之園萌絵と大学の先生犀川創平が推理をしていきます。

読みやすく一気に読むことができました。まあそんなに気に入ったわけではありません。これまたまあまあって感じかな。天才四季さんの考えることが凡人私には理解できないということでしょうか。意外な犯人意外な動機でおもしろいですけどね。

私の父がとうとう定年したようです。毎日休日になってしまった父はどう過ごしているのかな。いい趣味が見つかるといいのですが。今度実家へ帰るときに妹と何かプレゼントしようかと話しています。いろいろ考えているのですがなかなか決まりません。今のところ、万歩計(運動をしてね)、防災グッズ(愛知県は大地震が来るそうなので)、HDDデッキ(テレビ大好きだから、録画簡単よ)、旅行(母と仲良く)・・・予算もバラバラです。どうしようかな。

2006年1月19日 (木)

神はサイコロをふらない

昨日のドラマを録画してあったので今見ました。子供と一緒に早く寝てしまうのでリアルタイムでは見ることができませんので・・・。それにしてもこれはおもしろい!期待以上です。小林聡美が出てるからおもしろいかなあとなんとなく録画しておいたのですが、来週が楽しみになってきました。あいかわらず「相棒」も見ているのですが、岸部一徳がどちらにも出ていますね。どちらも上司って感じですが、微妙に雰囲気違う役なのでなんか見ていて違和感があります。長い間「相棒」の岸部一徳に見慣れてしまったからでしょうね。「神はサイコロをふらない」の方はちょっと嫌な奴って感じがしましたが今後はどうなのかな。第1話はほんとよかったです。おすすめしまーす。

2006年1月18日 (水)

子供の誕生日

もうすぐ我が子の誕生日。本人が希望していた「カプリチョーザ」で歌をうたってもらうというプランを今日予約しました。本人にはケーキもサービスされるのですよ。にぎやかな歌は実は親としてはちょっと恥ずかしい。でも子供にとっては大きな声で祝福されるのはとってもうれしいのでしょうね。土曜日の昼食です。楽しんで来まーす。ほかにも何かお得なバースデイプランはないかしらと探していたところ、カラオケの「シッダクス」でも予約しておけばケーキがサービスというものを発見。これまた日曜の午後予約。株主優待券があって、ルーム料金は無料にできるからね。でも飲食は現金になります。飲食も優待券で支払うことができるといいのにだめなのでこの優待券はいつも使い切れません。

あと、新型エスティマでましたねえ。買う予定はないけれど週末見に行くつもり。横までカメラで見えるなんて運転があまり上手でない私にとってうらやましい車です。お金があれば欲しーい。

うーーん、今週末は楽しいこと目白押しでわくわくしてきました。

2006年1月17日 (火)

震度0

横山秀夫の「震度0」を読みました。うーーーん。まあまあという感じかな。後半になってようやく登場人物がわかってきてするすると読めるようになるものの、前半は読んでも内容がよくわからないといった感じでなかなかページが進みませんでした。警察ってこんなに出世ねらってややこしいところなの?って・・・。

次はどんな本を借りようかなあとインターネットで調べていたところ、本の感想を書いたものがいろいろありますね。「苗村屋 読書日記」というものが見やすくて気に入ってしまいました。私が好きな「クラインの壷」もいいことが書いてあったし、「百夜行」が東野圭吾の傑作とあったので、ドラマもやってることだし次はこれを予約することにしました。46番目だそうです。何ヵ月後になるかな?

2006年1月16日 (月)

ウォーキービッツ

子供がサンタさんからもらった「ウォーキービッツ

CIMG4235

小さなかめのおもちゃです。とってもかわいらしく動くのです。でもほんと細かくて繊細なおもちゃなので扱いが難しいです。我が子は普通に使っていると思うのですが、もう何度も足のゴムがずれてしまい、精密ドライバーでがんばって直しました。電池交換のときには親が止め金を折ってしまいましたし・・・。子供に必死で謝りながらもちょっと苦情がいいたくなるような・・・。子供には扱いが難しいよ!大人向けならそのようにきちんと明記して欲しいなあと。子供はかわいがっているのですが、壊してしまうのも時間の問題のような・・・。

でも、今日お客様センターに電話したら、修理してくれるということでした。よかったーーー!タカラさんありがとう。我が子も喜ぶと思います。とりあえず、親が折ってしまった止め金が直るようなので、あとは扱い方により注意していくのかなあ。

でも電話してよかったです。修理がきくならいいです。

2006年1月13日 (金)

モリコロパーク

愛知万博のあったもと青少年公園が、今年度中に徐々に開放されるみたい。万博ももちろんすっごく楽しかったのですが、もともとの青少年公園もすっごくよい公園でした。幼児が雨天も遊べるすてきな建物もあったし、温水プールもきれいでよかったし、アイススケートも楽しめたのです。まだ我が子はスケートはしたことがありませんが、モリコロパークのスケート場が開放されたらぜひ連れて行きたいです。もちろんサツキとメイの家もなくなる前には行きたいなあ。新たな公園への新聞記事を読み、なんだかとっても楽しみになってきました。

私は2日前からせきが出てかぜでやや苦しんでいましたがもう回復方向です。2日前は少々体もだるくて37度5分まで出たのですが1晩で熱は下がりました。最近はやりの胃腸風邪でなくてよかったー。年末に当直に子どもを連れて行ったときは胃腸風邪かインフルエンザのどちらかで相当つらそうな人で待合室があふれていましたからね・・・。大人になってからの高熱はつらいです。38度超えたらもうなにもやる気になれませんから。どうして子どもは熱に強いのでしょうか。私ももっと若いときは38度くらいなら働けた気がするのですけど。

2006年1月 9日 (月)

どちらかが彼女を殺した

「どちらかが彼女を殺した」東野圭吾 を読みました。図書館から借りて今日も一気読みです。おもしろかったー。でも最後まで読んで?????犯人って誰??????

なんでわかんないの?????とぱらぱらと読み返すもよく分からず、結局インターネットで調べてみました。題を入れるといろいろでてきました。ようやくすっきり!!へーへーへーへーって感じです。読み終わった後も調べて楽しめるなんておもしろい作品ですよね。

さあ、本日「震度0」が届いたと図書館より連絡がありました。明日取りに行こうかな。楽しみ楽しみ。

今日は大学時代の友達が遊びに来てくれました。子どもが大喜び。冬休み最後の日に良かったです。彼女の家族は昨年と今年と2年連続で東京ディズニーランドに遊びに行ったんだって。聞いてみたらそんなに気合入ってないんだけど楽しめてるらしい。昼ごはんは11時より前に早めに行くとそんなに待たずに食べることができるよーって夜はホテルにもどって食べたりもするみたい。今年はオークラに泊まったそうですが楽しそうでした。2泊3日だったそうです。うーーん私も計画計画とはりきっていますが行ってみればそれなりに楽しめそうだなあと思えてきました。あと2年の間に1回は!!と計画中ですが、ディズニーは奥が深そうで調べても自分の計画が見えてこないのですよね。自分が何をしたくて何を見たいのかですよねー。気候のよいすいてる日に行きたいのですが(そんな日はない?)水曜木曜とかで計画すると子どもの学校を2日も休ませる!?なんか常識のない親って感じがしてねえ・・・。子どもが行きたがってるわけでもないってのがねえ。しかし土日はもっともっとすごいでしょうし・・・。結局今だにぼんやり計画です。ミラコスタがすっごく評判よさそうなのでもう少し調べてみますが、だいたいオフィシャルホテルにも1度も泊まったこともない私ですので、どこでも感激なのかなあとも思います。暇に任せて調べ続け、泊まったこともないのにやけにミラコスタに詳しいおばさんになりたい私です。

2006年1月 6日 (金)

プリキュア

見ましたよー。でもやっぱり子供向けですね。私としては変身シーンが2度もあったことでなんとなく・・・ねえ。ほとんど同じシーンを見せられるわけですから。でも、隣の我が子を見ると友達を思いやる場面や別れの場面で泣いているではありませんか。今までは姉が泣いていても真ん中の子はあまり・・・って感じでしたが、いいタイミングで泣いていたので話が分かるようになってきたと言うことでしょうね。子どもが喜んでいたのでまあ良い映画ですね。ただし、夏に見たポケモン映画「ルカリオ」の方が良かったそうです。私は予告で見たドラえもんに反応しました。昔子どもの頃見た恐竜の話と同じみたい。あれいい話だからおすすめーって思ってますが、我が子の反応はいまひとつ。どうなるかな。見に行くことはないかもしれませんね。

2006年1月 5日 (木)

年賀状

今日は久しぶりに大学の友達から電話がありました。年賀状を読んでかけてくれたみたい。そして9日に会うことになりました。楽しみ。お互い年の近い女の子がいるので子どもも喜びそう(^-^) 年賀状って書くときはめんどうだけど、なんとなくみんなの近況がわかってうれしいんですよね。

あと、図書館から連絡があり、予約してあった本「容疑者Xの献身」東野圭吾著が手に入りました。一気読みしました。おもしろかった~ 最後にはうるっときてしまいました。この感動をお父さん(夫)に伝えようとあらすじを話したのですが、一向に伝わりませんでした。私の能力不足・・・おもしろいんだけどなあ。隣の母娘が引き起こした殺人の後始末を手助けする高校の数学の先生の話です。それがとても献身的で・・・。アドバイスも的確でさすが数学者なんて思って読んでいると最後に、え~っ!と驚かされるのです。ってやっぱり私の説明ではわかりませんかね?

2006年1月 4日 (水)

おめでとうございます

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末にやり始めた大掃除は途中で終わってしまいました・・・。今年こそは日々の掃除をきちんとやっていくぞ!

正月は下の子が高熱を出し、混雑する当直医に行き、疲れました~。調子悪いと機嫌悪くて夜は寝ないし、離乳食は食べないし・・・。おっぱいばかり飲んで、赤ちゃんにもどってしまったようです。今までは抱っこしてれば泣き止んだのに、抱っこしても駄目。鼻水が出るのでふいてやったのですが、鼻の下が赤くなって痛々しいし。もう久々に疲れました。だいぶ良くなってきたのでもうひといき。早く元気になって欲しいです。

昨日は「古畑」ドラマを見て喜んでいました。小学校の先生が自分の教え子を利用して殺人と言うのはちょっと考えにくいなーと違和感があったのですが、きっとこの話を考えた人は学校の先生が嫌いだったのでしょうね。推理作家の東野圭吾も学校の先生が大嫌いのようだったし、とっても頭の良い人にとっては学校の先生って嫌われるものなのかなって思ってしまいました。とはいえ今日も楽しみ。「相棒」「新撰組」は録画してあるけれどまだ見てません。子どもの学校が始まってからゆっくり見ようかな。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »