無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« めめっち まきこ | トップページ | TDL »

2006年3月17日 (金)

氷壁

井上靖「氷壁」を読みました。図書館から借りたものです。きっかけはNHKのドラマです。とは言ってもドラマは見てません。でもドラマの宣伝のようなものを見ておもしろそうだなと思ったので読んでみたのです。

登山家として信頼尊敬しあっていた二人魚津と小坂は穂高を登山中、ザイルが切れて小坂だけが落ちて亡くなってしまいます。ザイルが切れるはずがないというメーカーの話からさまざまな憶測が出てきます。小坂の自殺では、魚津が助かりたくて切ったのでは、ザイルの扱いが悪かったのでは・・・。小坂は家庭のある女性美那子を愛していました。しかし彼女は迷惑に思っていたのです。その事実からもしや自殺ではと思う美那子。その美那子に接するうちに魚津も彼女が好きになり・・・。しかしそんな思いは忘れるべきだと自分を慕う小坂の妹かおると結婚の約束をして山で待ち合わせます。美那子を思いながら裏穂高登山にむかい美しい氷壁を一緒に見たいのは美那子だと思うのです。しかし落石にて魚津も遭難死亡してしまいます。危険を感じながら進む魚津の心は進めば小坂の妹かおるとの恋へ、戻れば美那子・・・と考えてしまう。だから戻れないと。一応山という壮大な舞台を背景にした恋愛小説といえるのかな。ただ私としてはいろんな人がいろんな憶測でものを言おうと二人とも初心者ではないから道具の扱いを間違うはずはなく、どんなに悩んでいようと登山家が山で自殺などするはずがないと友を信じている魚津と小坂の関係を素晴らしく思いました。こんなふうに信じてもらえる人がいるって幸せだなあと。感想文って難しいからうまく伝わらないでしょうが、読んでよかったですよ。おもしろかったです。2日で読みました。また図書館から予約していた本が届いたとの連絡があったので週末に取りに行きます。楽しみ楽しみ。

« めめっち まきこ | トップページ | TDL »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/9117106

この記事へのトラックバック一覧です: 氷壁:

« めめっち まきこ | トップページ | TDL »