無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 初めての委員会 | トップページ | カカオ99% »

2006年5月11日 (木)

カブトの幼虫が生きてました

今日朝見たら虫かごの上の方に幼虫が出てきていました。動いてる!よかったー1匹は生きていたのです。小さな100円均一で買った虫かごに1匹ずつ入れてあったのです。あと1匹はまだ生きているのか死んでいるのか不明ですが・・・。でもでも生きていてほんとうれしいわ。秋に保育園バザーで購入した幼虫2匹です。1匹は国産カブトですが1匹はコーカサスなんだそうです。今日動いていたのはコーカサスの方です。今まだ動いているって言うことはまださなぎでないってことです。カブトが一体いつさなぎになってさなぎの期間がどのくらいあるのか知らないのですが、ちょっと楽しみです。

今日の朝も小さな虫が飛び交っていてうっとうしかったので、あれがなんとかなるといいのになー。

« 初めての委員会 | トップページ | カカオ99% »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

拙Blogにコメントありがとうございました。

一匹はコーカサスですか・・結構、気性の荒い
攻撃的なかぶとむしらしいですね。ちょっと羨ましい(笑)
昨年、外国産のクワガタを飼って(買って)
みましたが、難しいですね。
コーカサスはいつ頃、蛹になるんでしょうね??

小さな虫対策ですが、今のうちなら、ケースの土を
入替えてしまうのも手かも・・いきなり全部だとちょっと
危険ですけど、最初に半分ぐらい交換して、小さな虫
の状況見て、また交換・・とか、どうでしょうかね??

いまいさん、こんにちは。ホームセンターではじめに土を2袋購入してあり、まだ1袋新品なので次の土曜日に土の入れ替えをしてみようかな。外国産の方が難しいのですか。それなら国産の方も生きていてくれるかな?希望を大きくしています。それにしてもいまいさんはあんなに大きな箱に60匹も・・・小さな虫はすごい!?

私は保育園に勤めてて、今日カブトムシの幼虫の世話をしたとこよ。
3代目の幼虫です。絶やしちゃまずいっしょ。
まず、新聞紙を広げ、飼育ケースの土を出します。糞を取り除き、湿気を加えます。(霧吹きで)その間、飼育ケースの内側についたこけ?かび?らしきものを洗います。
今日は3匹くらい死んでいる幼虫も見つけました。詳しい人によると、人口密度(?)が高すぎると栄養をすわれるらしい。弱肉強食ですね。
蛹には6月頃になるらしく、直径10センチくらいの空間が1匹に必要なため、人口密度を減らし、最後の掃除にする予定。蛹前は幼虫の色も変わるのよ。保育園のは、あと少しで蛹?というくらい茶色っぽくなっていました。
ぺこりんなさんも早めに掃除し、蛹前の準備をした方がよいと思います。あんまり幼虫を触り過ぎないように気をつけてね!!

ぺこちゃん、こんにちは~。カブトの幼虫の世話ですか。保育園の先生もいろいろとやることがあってほんと大変なのですね。でもそのように定期的に世話をするとあの小さな虫もわいてこないのでしょうか。もう5月も半ばですからやっぱり今日世話をした方がよさそうかな。ちょっとこわいのですが(まだ幼虫がかわいいとは思えませ~ん)がんばります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/10016053

この記事へのトラックバック一覧です: カブトの幼虫が生きてました:

« 初めての委員会 | トップページ | カカオ99% »