無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« アサーショントレーニング | トップページ | NHKスペシャル 好きなものだけ食べたい? »

2006年6月 3日 (土)

ダヴィンチコード上

ダヴィンチコード上を読みました。映画で?と分からなかった部分がすっきりわかる感じでうれしいです。やはりまず映画、その後本が楽しいのではないかな。本が最初では流れがわかっているのでハラハラドキドキ感がなくなると思います。でも映画だけではわけわかんなくて不完全燃焼です。

図書館で借りたのですが下はいつ届くかな。楽しみです。

今だんなは英語の勉強に凝ってます。大人になっても勉強好きで机に向かってぶつぶつやっているのである意味尊敬しますね~。どうせ読むなら原書で読むといい、ダヴィンチコード英語版を予約中です。ほんとに読めるとしたらすごい。新婚旅行の頃は二人ともスマイルで乗り切った同レベルの日本人だったのにどこでこんなに差がついたのでしょうか。今の私の英語レベルは中学生くらい・・・だろうな。

« アサーショントレーニング | トップページ | NHKスペシャル 好きなものだけ食べたい? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
「英語の勉強」ですか。
懐かしいですね。
自分は、「小6~中学1」まで、「公文式」で、やったことが有りましたよ。
期間は、それほど長くなかったけど、自分に取っては、「やってて良かったな」と、思っています。

H.Kさん、こんにちは。公文式ですか。公文式と言えば羽生さん
が思い浮かびます。あのCMはインパクトありましたよね。
公文は近所にあるし子供もやりたいと言ったのですが、1教科ごとにお金がかかりけっこうな額になるなあと驚き入っていません。興味はありますけれどね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/10372078

この記事へのトラックバック一覧です: ダヴィンチコード上:

» ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎 [シカゴ発 映画の精神医学]
モナ・リザのモデルは誰だったのか? 美術界の長年の謎に、挑みます。ヒントは、ダ・ヴィンチの発明品と彼の「性格」です。天才ダ・ヴインチの性格はどのようなものだったのか? 驚くべき、モナ・リザの謎とは。 [続きを読む]

« アサーショントレーニング | トップページ | NHKスペシャル 好きなものだけ食べたい? »