無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 感想文 | トップページ | ビデオカメラは決定 »

2006年8月 9日 (水)

おくらの最期

娘1が学校で育てていたおくらを夏休みの間家に持って帰ってきました。毎日水はやっていました。今までにおくらは2本食べました。そのおくらを今日久しぶりに私が見たところ・・・大きな葉っぱにびっしりとついた黄色いもの。よく見るとどの葉っぱにも全てびっしりとついています。黄色いものは動いています。うへーーー気持ち悪い。なんだこれは!急いで実家の母に電話です。今から薬をまいて大丈夫かななどと質問して、結論が出ました。薬はけっこう量があるし高いし、それほど育ちの良いおくらではなかったからもう捨てることにしました。娘1に葉っぱを見せて捨てることに同意をもらい、さっそく実行。でもその前に観察日記を書かなければ・・・とあわてて観察日記を書き出します。そして全て燃えるごみとして袋に入れてしばりました。あーーーそれにしても葉っぱの裏にも全て虫がついているしほんとに気持ち悪かった。多分アブラムシだと思うけれどな。

ベランダで植物を育てるのはいやだなーと思う私です。娘2の朝顔も元気よく伸びてはいるものの全く花が咲かず・・・おかしいなあと思っているところです。花が咲かないので朝顔日記の宿題もできません。花とつぼみを書くのだそうです。ベランダで日光があまり当たらないから咲かないのかなあ??学校の栽培教育もアパート暮らしにはつらいです。

« 感想文 | トップページ | ビデオカメラは決定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ベランダで朝顔・・
なかなか咲かない原因として、よく言われるのが
日照の問題・・これは太陽が当らないとかではなく
逆に、夕方から朝まで、どれだけ暗い時間を作って
あげられるかがポイントです。暗い時間(夜)が長いほど
花が早く咲く傾向があるらしく。もし、ベランダ等で夜
遅く迄、光が朝顔に当っているようだと、なかなか咲きません。
箱や布で覆って、夜は暗くしてあげる。
肥料の問題・・栄養がありすぎると「つるぼけ」って言って
つるや葉が繁るばかりで花が咲かない場合があります。
サツマイモとかも同様です。(我家は昨年これでした。)

いまいさん!どうもありがとうございます。夜の暗さが原因なんて考えもしませんでした。なるほど~たくさん光が当たれば当たるほうがよいのかと思っていました。今日の夕方から暗くすることを心がけてみます。肥料の問題もあるかもしれません。つるや葉はすごく元気なのです。学校で肥料をまいたらしいのですが、やりすぎだったってこともあるのかなあ。
サツマイモでつるや葉だけっていうのも相当悲しいですね~。
それにしてもいまいさんはすごいですね。仕事もあるのにたくさんの植物や野菜を育てているなんてすごいですね。
朝顔は夏休み終わりまでには咲いてほしいで~す。

あまりすごくないです~っ!
休日は家の中でゴロゴロしてても奥さんに煙たがられる
だけですし(汗)かと言って出かけちゃっても怒られるし(爆)
自然と、庭にいる時間が長くなり・・(苦笑)

で、やはり子供の頃、アサガオとかヒマワリ等々、上手に
育てられなかったんで、その反動が今にきているかも?
カブトムシなんかもそうですね、子供の頃、がんばっても
長く生きさせる事ができなくって・・もう大人の技術全力投球
です<大人げないなぁ(笑)

畑は、義母が自分の畑で余った苗を勝手に植えていくので(爆)
あまり勝手にさせないよう抵抗(勝手に剪定)していると、
傍からみると単に野菜の世話している風にしか見えない・・
というのが現状か(笑)

野菜も花も手入れが大変ですよね。暑い時期はちょっと見ないと雑草がすごい勢いで伸びるし、水遣りも大事でしょ。ほんと大変だと思います。以前小さな畑をやってたことがありますが、大変でした。でも手をかけるとよく育つのでがんばれるんですよね~。で、来年はこうしようなどと改善をはかっていくのですよね~。今は畑もなくてなにもやってないのですが・・・。
私は苗を買ってきて植えるだけでしたが、あまった苗を勝手に植えていくということはお母さんは種から苗を育てているということですね。お母さんもベテランですね。種から育てた方が絶対に安いと思うのですが、狭い畑ではそんなに植えられません。だから種からは挑戦したことがないのです。畑も広いんだろうな。すごいすごい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/11332692

この記事へのトラックバック一覧です: おくらの最期:

« 感想文 | トップページ | ビデオカメラは決定 »