無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« レイクサイド 東野圭吾 | トップページ | 親子でけんか »

2006年8月30日 (水)

陰日向に咲く 劇団ひとり

人気がある本ですよ。100人待ちくらいでしたがようやく図書館から借りることが出来ました。劇団ひとりの漫談!?はあまり聞いたことがありませんが、トーク番組で司会者と話しているのはとても上手でおもしろいなあと思ったことがあります。

今回はエッセイのようなものかと読み始めましたが違いました。普通の創作小説でした。短編の集まりでありながら、それぞれの主人公がどこかの脇役として登場しているなどよく考えられています。こんな小説が書けるなんてすごい人だなあとちょっと尊敬してしまいます。

ちょっとこのおちはなあ・・・漫談ではないのにおちっているの?と感じるものもありましたが大変おもしろく読めました。

劇団ひとりを見る目に尊敬が加わり、今後も注目したくなりました。

« レイクサイド 東野圭吾 | トップページ | 親子でけんか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/11679558

この記事へのトラックバック一覧です: 陰日向に咲く 劇団ひとり:

« レイクサイド 東野圭吾 | トップページ | 親子でけんか »