無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 愛知県額田 おおだの森 | トップページ | 時間がかかる »

2006年10月 3日 (火)

カブトムシ

とうとうカブトムシが死んでしまいました。でもこちらは仕方ないんですよね。地面に埋めてさよならしました。クワガタは冬も越すらしいですよね。姿は似ているのに随分違うのですね~。そう言えば先日ハイキングでこんな説明をうけました。

よくカブトやクワガタはくぬぎの木にいると言いますが、愛知県の方は土地がやせているのでくぬぎはほとんどないそうです。この辺りでカブトやクワガタのいる木はアベマキという木だそうです。知らなかったわ~。しかも都会でも東京の辺りは土地が肥えていてけっこうまちなかにくぬぎが生えていたりするんだって~。愛知県の山はやせているなんて知らなかったわ~。

あと、クマゼミが増えてニイニイゼミが減ってきていると教えてくれました。だんなは「確かにそうだわ。子どもの頃クマゼミって珍しいものだったのに、娘1はけっこう見つけてるよなあ」と実感していました。私は・・・と言えばあまり昆虫と遊んだ記憶がない・・・。けっこう自然に疎い子供時代をおくっていたようです。

ニイニイゼミかあ。今後増えていくといいなあと思いました。

我が子は自然を守るために、食べ残しを少なくするとはりきっていました。それがゴミを減らし川を汚さない元になると聞いたからです。

とってもいいことですよね。私も食材を余らせて捨てることのないようにしないとね。

« 愛知県額田 おおだの森 | トップページ | 時間がかかる »

植物・動物」カテゴリの記事

コメント

私の友人が、ブログ内でカブトムシの幼虫のもらい先を募集しています。よろしければご参考にどうぞ。
→http://sakakiarch.at.webry.info/

きくさん、ご親切にどうもありがとうございます。40匹もいるとか・・・すごい方ですね。

でもちょっと今年は休憩です。というか・・・あの幼虫さん、どうもこわくて・・・。元気な成虫になって欲しくて初心者ながら土を替えたりふんを拾ったり、霧吹きをかけたりがんばりましたが、実はあの幼虫さんを直接触れなかったのだ。しかもかりかりになって死んでしまった幼虫はなお触るのがこわくて・・・。また、自宅は狭いアパートで庭もないのですが、すぐに土から小さな虫がわいてぶんぶん飛ぶのにも困りました。はじめは外は寒いからあたたかい押入れになんて思って押入れで育てていたら、虫の大量発生・・・大変でした。


しかも、だんなも子供も世話しないしね~。カブトやクワガタになってしまえば触れるんだけれどな~。

しかし、飼っている人は何十匹と育てているようで驚きですよ~。

飼育お疲れ様でした~。
カブトムシは、人がいる里山に住む虫ですから
意外と都会っ子かも・・クワガタの方が居そうですね。

クマゼミ<子供の頃は、関西以西の虫でしたが、温暖化
の影響からか、関東方まで生息域が延びているようです
まだ、こちら(千葉)の方では、鳴き声聞きませんが。

かぶとむしの飼育は、当の子供達よりお父さん・お母さん
が嵌りますね(笑)子供の頃と若干情報が違うのか(飼い方とか)
大人になって改めて飼ってみると、子供の頃わからなかった
つか知らなかった発見もありますしね。
今年は、50匹ぐらい里子に出しましたが、行った先々で子孫を
残しているようで・・今後の配布先がどんどん無くなっていきますね

いまいさんもすごい数ですよね。50匹里子に出したということはそれ以上。ものすごい数です。たしかに成虫のえさ代も大変そう。たった1匹でも毎日昆虫ゼリーを1つから2つは食べていましたからね。これが50匹だと・・・すごい量だー!

行った先々でも順調に子孫を増やしているとのこと。すごいですね。でもたしかにそうなると配布先はなくなっていきそう。

このまま増え続けると・・・大変な数になりそー!!

って別に国産だから逃がしてもいいのかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/12131926

この記事へのトラックバック一覧です: カブトムシ:

« 愛知県額田 おおだの森 | トップページ | 時間がかかる »