無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 夫婦げんか | トップページ | ハッピーバースデー »

2006年10月29日 (日)

赤い指 東野圭吾

Cimg0621 「赤い指」を読みました。なかなかかっこいい表紙です。2・3時間で一気に読める本です。涙もろい私は見事に泣かされましたが、ちょっとあざとい感じもうけました。なんとなく作者にしてやられたなって感じです。

この本の大事な部分であるのではっきりとは書けませんが、落ち着いて考えるとあんなふうに行動する人って実際にいるのだろうかと疑問に思います。でもそれは私がまだ自分がすごく後悔するような気持ちになる「人の死」に出会ってないからなのかもしれません。

いろいろ取材を重ねて書くのでしょうから本にあるような考え方は心理学などの中ではよくあることなのかもしれません。

加害者家族の母親の思いは私にはぴんとこない部分もありましたが、加賀刑事とそのお父さんとの関係はなるほど~と思いました。

娘1は同じ日に借りた本「ハッピーバースデー」を号泣しながら読了していました。感想文コンクールでよく入賞している本なのでなんとなく内容は知っていましたがまだ読んだことはありません。私も読んでみようと思っています。

« 夫婦げんか | トップページ | ハッピーバースデー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今読んでいるのが終わったら早速読んでみよっと。娘1さんおすすめのもね!!

こんばんわ。
とても、良い本ですね。
自分も、いつか読んでみようかな。

どどんぱさん、まあまあ新しい本なのでけっこう人気ありますよ。
図書館予約待ちでようやく読みました♪ぜひどうぞ

H.Kさん、こんにちは。本って読むと満ち足りた気分になりますよね~。のんびりした気持ちになるからかな。読書はよいことって気持ちが働いてるからかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113464/12474612

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い指 東野圭吾:

« 夫婦げんか | トップページ | ハッピーバースデー »