無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

胃腸風邪

今胃腸風邪が流行っているらしい。

とうとう娘1が早引きで帰ってきました。発熱39度だというので焦って迎えに行きましたが思ったより元気そう。

すぐに熱は下がり、見た目はけっこう元気そうですが、急にお腹が痛くなるみたいです。下痢もあるみたい。あんまり食欲もないしね。病院へ行って薬はもらいましたが、どうかな?

早く腹が痛いのが治るといいのですが。学校でも嘔吐・下痢をともなう風邪が流行ってるようです。先生が教えてくれました。娘は嘔吐はないのでまあ軽い方かな。

最近めっきり風邪をひかなくなって丈夫になってきたなあと思っていたところです。今回も元気はあるしほんと丈夫になってきたんだなあと思います。小さい頃はすぐにぐったりして心配でしたが大きくなると自分で症状を話すこともできるしいいですね。

2006年11月29日 (水)

手紙 東野圭吾

映画になったというので読みました。

両親もいない2人兄弟の兄が弟の大学入学資金が欲しくて盗みに入ります。しかし、住んでいたおばあさんに発見されたことで結局おばあさんを殺害してしまいます。そして、強盗殺害ですぐに逮捕されます。

これが話の始まりです。あとは刑務所から弟を案ずる兄の手紙と残された弟の生活の様子の描写が続きます。兄はもちろん後悔の日々。弟のことをすごく心配しています。しかし、その弟は兄の罪のため苦労の連続です。成功しそうに思えるときに兄の犯罪が周りの人に知られて、白い目で見られ生活を続けられなくなる・・・といった苦労の連続なのです。

ただ、弟には強い味方が一人、その女性は全てを知った上でも付き合いを続け、結婚します。また知った上でも付き合いを続けてくれた友人が一人。

二人って少ないようですが、こういった人間の存在で話がそれほど暗くならずにすんでいます。「百夜行」はどん底の暗い雰囲気のまま突き進む話だったのですがそれほどではありません。そして、最後、弟の決断に釈然としないものを感じつつ、兄の思いと合わせて泣けてきちゃいました。

まあ私はけっこう涙もろいほうですので・・・。よい話でした。

2006年11月28日 (火)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

ようやく読みました。図書館予約120人待ちくらいでしたね。

映画・2時間ドラマ・連続ドラマと続々と作られたようなので、きっといいのだろうな~と読み始めましたが、前半はちょっと感情移入できなくてなかなか進みませんでした。

もう少しで途中挫折しそうな感じでしたが、ドラマになるんだからとがんばって読みました。

前半はお母さんが子供思いのとてもいい人だということが書かれています。私も同じ母でありながら、どう考えても負けてる・・・おかずの数は我が家は少ないしなあとこのオカンとの母親勝負には到底勝てないことをどうも悔しく思い、どうせ私はだめ母ですよ~などという気持ちで読むのでおもしろくなかったのでしょうね。

後半息子が大学に行き親に苦労させているあたりから俄然おもしろくなってきました。そうだよな~母親って無償の愛だよ!とうなづきつつ読むのです。息子のために苦労させられてお金もたくさん使ってやって、でも最期に迷惑かけないように自分のためにもお金を貯めて・・・ともう母の愛に涙涙で読みました。

本の中に挿入されている詩もすてきですし、なるほど映画やテレビでひっぱりだこになるはずねと思いました。

2006年11月26日 (日)

数学的にありえない

「数学的にありえない 上下」アダム・ファウワーを読みました。

これはテレビで秋のおすすめミステリーと紹介されていたものです。なかなかおもしろいものでした。

天才数学者ケインの不思議な能力。それを狙い政府の秘密機関“科学技術研究所”が動き出し、その権力を駆使してケインを追いはじめた。ケインはなぜ?と思いながら双子の兄や友人などと接触を持ちながら逃げていく。すごい訓練をつんだ兵士でもないケインではありますが、不思議な能力を使うことでなんとか生きのびていく。間一髪で逃げるうちに自分の能力にも気がついていき・・・という話です。

追われる逃げる追われる逃げるというスピーディな話で一気に読み進めることができました。またいろんなパターンで逃げ方を考えるケインは確率論でこちらなら何パーセント助かるか・・・とすごい速さでコンピューターのように答えを出しています。その辺りも人間離れしている感じが良く出ていておもしろいです。

兄の韻を踏むという話しかたも普通ではない!という雰囲気がよく出ています。

最後にはまたどんでん返しというかもうひとつしかけが作ってあります。ちょっとそこまではやりすぎか?という気もしますがまあそれもよく考えられているな~と思いました。

2006年11月24日 (金)

南知多ビーチランド

昨日祝日に愛知県にある南知多ビーチランドに行ってきました。

この日は小雨が降るかもしれないような生憎の天気予報でした。そこで前日に雨でも寒くても楽しめるところとしてここを考えたのです。

ここはこれから寒くなる季節のレジャー施設としてはおすすめです。

ビーチランドは小さな水族館です。名古屋港水族館のようにきれいで大きくはありませんが、まあそれなりに楽しめます。アシカとイルカのショーもあります。

ショーは屋外ですが屋根がついていますし、水槽は室内です。

また、最近隣接して「おもちゃ王国」という施設がオープンしました。大人1500円子供800円で両方の施設を行ったり来たりできます。

「おもちゃ王国」にはいろんなおもちゃが置いてあって子供達が自由に遊べる部屋がいくつかあります。

・リカちゃん人形 ・シルバニアファミリー ・ままごと ・ダイヤブロック ・トミカプラレール ・ゲーム ・知育玩具 などです。

我が子もけっこう熱心に遊んでいました。どの部屋でも「そろそろ次に行こうか」と声をかけるまであきることなくおもちゃで遊びます。

娘1にはままごとの部屋はつまらないかなあと思っていましたがそんなこと全然なくって、ここでも嬉々として遊んでいました。

親は座って見ているだけですが、あれだけ楽しそうに遊ぶならいいですよ~。

ただしあまりに混んでいたらおもちゃの取り合いとかになって楽しめないかもしれません。昨日は天気予報も悪かったしそんなに混んでいませんでした。だからどの部屋でも十分遊べました。

まあそれほど人気あるテーマパークではないので大丈夫だと思いますが・・・。多分平日なら貸しきり状態で遊べるのではないでしょうか?地方のテーマパークも経営が大変だろうなと思いながら遊んでいました。施設としてはいいですよ。10時から16時半までめいっぱい遊んで帰りました。

娘2には帰りの車の中で「また連れてきてね~」と頼まれました。

2006年11月21日 (火)

ポスカム

ポスカム(ガム)を車の中で娘2が噛んでいました。どうも唇の間にはさんで口が開かないようにして楽しんでいたようです。そのまま風の強い車の外へ出たらどうなると思いますか?

なんと口の周りや髪の毛まで小さなガムの切れ端がぺたぺたぺたっとついてしまうのです。どうやったらこうなるの?とすごーく不思議に思います。ガムが爆発で吹っ飛んだかのようです。またこのガムは簡単には取れなくて、手で押さえようとした娘2の手のひらもべったべたです。

ちょっと大変でした~。あんな珍しい体験娘2しかやってくれないだろうな~。

2006年11月20日 (月)

地引網の魚

Cimg0672Cimg0679クーラーボックスは魚でいっぱい。一番上は「アカエイ」です。ちょっとグロテスク。みんなに嫌われて最後まで残っていた魚です。我が家のクーラーボックスが大きかったのでアカエイをどさっと2匹も入れられました。母が煮てくれました。ちょっといかのような臭いがしました。でもあんまりおいしい!って感じではないなあ。

そして普通の魚は「鯛」と「マダカ」です。大きいでしょ~。娘たちは生きている魚をつかんでクーラーボックスに持ってきました。ぴちぴちしていておもしろかったみたい。喜んでましたよ~。鯛は娘1・マダカは娘2です。子供から好きな魚をとるのですが、私はクーラーボックスの準備や娘3の世話でうろうろしていてなんのアドバイスもできなかったのですが、娘1は他の大人が赤い魚をとってこいと子供に話しているのを聞いて自分も赤い魚をとってこようとねらっていたようです。さすが娘1。ぬかりないです。やっぱ鯛がいいですよね。娘2はとにかく大きい魚をねらっていたみたい。やはり娘2はマイペース。周りの情報は頭に入ってこないようです(笑)

Cimg0681Cimg0683鯛は刺身とあらに分けられました。マダカは刺身と塩焼きです。

自分でとった魚はおいしかったみたいで娘1.2はすごいはやさで魚を食べていました。それぞれ自分がとった魚が一番おいしいと言っていたのが笑えました。

2006年11月18日 (土)

地引網

本日地引網に行ってきました。思っていた以上におもしろかったです。子供も大喜びでした。魚もけっこう大きなものがいっぱいで、一家に1から2匹ぐらい大きな魚がもらえたようです。我が家は鯛とマダカとアカエイです。魚の名前は全然わからないので漁師さんに教えてもらいました。実家で捌き方を教えてもらいながら2匹分がんばりました。結果刺身と塩焼きになりました。アカエイは義母が明日煮てくれるそうです。母によるとアカエイはあんまりおいしくないそうです。店でも安いらしいです。でもやっぱり生ゴミとして捨てるのはしのびない・・・ということで明日煮てくれることになりました。アカエイって見た目がけっこうこわいです。裏に口があるしねー。今日の持ち帰り品としてもみんなにけっこう嫌われてました。アカエイだけ残ってましたからね。我が家のクーラーボックスがけっこう大きかったので最後に残ったアカエイを2匹入れられました。これって食べることができるの~と思わず聞いてしまいました。

子供達は自分でとった物はすごくおいしいようで、鯛もマダカもすごいはやさで食べていました。

また後日写真などもアップしたいと思います。ほんと大きかったです!

2006年11月17日 (金)

地引網

地引網って以前1度しかしたことがありません。職場の旅行です。つなひきみたいに引っ張るだけで特にその他大勢の私には難しいことはありませんでした。

引っ張りあげた網の中にはいろんな魚がぴちぴちしていておもしろかったです。またその場で刺身にしてくれたり焼いたりしてくれた魚はすごーくおいしかった!釣りの得意な方がささっと調理してくれたのです。

でもおみやげにもらった魚たちはどうやって調理したらいいのかさっぱりわからないので家で困りました。結局義母に頼みました。魚の名前もさっぱりわからないしね~。

持って帰るまでにけっこう臭くなるし慣れない私には大変なのよね~。

そのけっこう大変な地引網ですが、どうもチャンスがまた来そうです。家族で誘われました。しかーし、持ち帰る魚はどうなるのでしょう。不安だ。クーラーボックスを一応持参しますがどうなることやら。娘たちは大喜びすると思うので行くつもりです。

魚を3枚におろしたこともない主婦なのです。切り身を焼いたり煮たりするだけの私に魚料理ができるのか!帰ってからが大変そうで少々気が重いです。やっぱりまた母に頼むのかな。

2006年11月15日 (水)

読めるか?

図書館予約本が一気に3冊きた。「ヒストリアンⅡ」「数学的にありえない 上」「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」です。

2週間で3冊か~。読めるかな。ヒストリアンってけっこう時間がかかったんだよね。

明日は読書しようかな。

昼寝中に

ただいま昼寝をしていました。つい娘3と一緒にうとうと・・・。しかし、娘3はすぐに起きてしまい動き出したようです。でも私はまだ寝たいなあとそのままごろごろしていたら・・・ガン!・・・???痛い!なにか固いおもちゃを顔面にぶつけられました。手で押さえていたたたたと叫んでいました。そのうちに痛みがおさまったので、あー痛かったと起き上がると手が血だらけです。えーー切れてたのと見るとまゆげの下辺りが5ミリくらい切れてます。

なんかボクサーみたい。それにしてもまさか切れているとは思わず布団までかぶって次の攻撃から身を守っていたので布団まで血がべっとり。ショック。

あわててシーツをとったら、本体までは汚れが染みてなかったのでちょっとほっとしました。あーあシーツを洗います。

2006年11月14日 (火)

お母さんに言いつけてやる

先日交通公園で遊んでいたところ、団体の子供達がいました。どうも土曜日にも親が仕事のある子供を預かるところのようでした。先生と呼ばれる方が二人いましたが、子供は元気いっぱいです。元気すぎるといったほうがいいかな。自転車で走る走る。あまりのスピードにこわいほどです。我が子のようにまだ自転車の練習に来ている子にとってはおそろしすぎます。ということで、係りの方から注意されていました。それでもなかなか言うことを聞かずそのままであったため、とうとう先生につかまえられて叱られていました。それでも反抗するする。早く離せー!!とあばれています。興味あって見ていました。しばらくしてもおさまらず悪態をついているので、先生にベチンと顔を叩かれました。するとその子はこう言ったのです。「こんなことしていいのか。お母さんに言いつけてやる~!」と。まあなんて子なんでしょうと驚きました。いまどきの子ってこれでしょうか。先生は「言えばいい」と言っていましたのでお母さんはきちんと話のわかる方だといいのですけれどね。体罰はまずいことであると子供も知っているのですよね。その先生も大変だなあと思いました。

ラグナシア

子供の学校の代休を利用して行って来ました。愛知県蒲郡にある遊園地です。ここはだんなの会社から補助が出るので2000円で乗り放題になります。平日だとすいているのでめいっぱいアトラクションを楽しめるので最高ですよ。まあ普通の土日でもそれほど混むわけではありませんが、昨日の場合だと娘1はジェットコースターに15回くらい連続で乗りました。130センチ以下は保護者とともにというものなので、パパが10回くらい乗らされましたが、そこで気分が悪くなり私と交代。私も4回乗りました。でもなんとなく気分悪くなりそうだったのでそこでやめです。

とにかく待ち時間はほとんど0分。10時から17時半までめいっぱい遊びましたよ。

帰りの車で子供はぐっすりでした。

あそこの中では「ドリーミングクエスト」というウォークラリーのようなアトラクションがあるのですが、それで今回初めてラッキーマークが出ました。ずっとそれを待っていたのですよね。商品はキーホルダーでした。娘は大喜びです。

あと私が大好きなのはシューティングというのかな「ファイアファイア」というアトラクションです。乗り物に乗ってレーザーを撃って敵を倒して得点を競います。最高99900点。私は苦手でして何回やっても最高で10000点、悪いと3000点。赤い○めがけて撃つのですがあたりませんね。既に娘2にも負けてます。でもあれはおもしろい。なんとか次こそは!とはりきってしまいます。これまたすいているので0分待ちで何度も何度もできました。

あー満足満足。

2006年11月12日 (日)

学芸会

今日は娘の学芸会。朝1番だったのでもう一人は見て来ました。

しかし、親のマナーにやや驚きが・・・。集合写真を写真屋さんが撮るとのことで体育館床に座っている親が移動させられました。後方の台の上から撮る写真の中に入ってしまうからです。でも親の移動に時間がかかるかかる。なぜか移動せず、かえってすいた中央に出て写真撮影を始める親も一人や二人ではなく十数人はいたような。先生たちが何度もマイクで言ってもなかなか人が減らず、写真が撮れない。結局直接出てきて「ここはどいてください」と言いながらようやく写真撮影ができたって感じでした。

なんかねえ。我が子の写真が撮りたいのはどの親も同じなわけで気持ちがわからないわけではないけれど、やっぱりがまんして写真屋さんにまかせるべきでしょ。もしくはせめてサイドや後ろから遠慮気味に撮るのではないでしょうか。迷惑かけているのに気にせず真ん中で撮っている親の数の多さに苦笑って感じになりました。

本番の日に集合写真を撮るっていうのもちょっと無理があるように思いましたが、予行の日には子供が欠席していたとかなら仕方ないですしね。どうなんでしょう。今はみんなこんなもんですか。

2006年11月10日 (金)

かぜ

最近急に寒くなったなあと思ってたら体がだるくなってきました。熱は38度3分までいって、夕方から何もやる気がおきず夕食も作らず寝てました。寒いなあと思いつつマンションについてだんなと夜中に話してたからでしょうね~。

申し訳ないけれど娘1・2・3は菓子パンとカップヌードルで、だんなはカップ焼きそばです。

翌日病院で薬ももらい、ようやく体は楽になってきましたが今はせきがひどくて。布団に入るとせきこむのでぐっすり眠った気になれません。

日曜日は子供の学芸会です。せきを治さないとね。

2006年11月 8日 (水)

マンション

実家の父は「もったいないなあ、それなら裏の家をトイレとかちょっと直してくれたら私たちは裏の家に行くよ。こちらの家をあんたたちが使えばいい」と言ってくれました。でも母は「まあ私も同居ではいろいろ悩んだこともあったし、ぺこりんなさんも悩ませちゃうかもしれないからね。マンションも近くだしいいかもね」とも言ってくれてます。ただし裏の家は小さくて炊事場や風呂をつけることはできません。

私もおよそ1年後には仕事をするつもりなので、そうなると以前のように食事もいっぱい母の世話になるとしたら台所一つで同居ってのもありかなあと・・・。ただだんなはお前なんて絶対うまくいかんよ。やっぱ大変だと思うぞと言ってます。今は同居していないので母とも父とも特に気になることはなく問題なくできそうにも思うのですが、やっぱり同居となると違うのかなあ。

人のブログとか読んでると台所一つの同居はもめるようなことが書いてあるけれどね。やっぱもめちゃうのかなあ。

ということでまだ悩んでます。だんなも昨日は本「満足度100%のマイホーム選び」を買って帰ってきて研究中。でも昨晩テレビ「ガイヤの夜明け」でマンション特集をしていました。マンション寿命は50年とか言ってても配水管が35年もすると寿命になるのでこちらを交換する必要が出てくる。それは室内を通っているので大工事になってしまうとのことでした。そして、100年もつマンションを作ろうとしている会社を追ってました。

どう考えても今考えているマンションは普通のところなので、やはり35年後には配水管がだめになるということですよ。つまり修繕費とかの使用計画なんてものを確認すべきなのかな。とにかく買ってしまうとやはりいろいろなリスクは背負うことになりますね。

その点賃貸はまた新しいところに引っ越せばいいからね~。

ただ、今住んでいるところは収納が最悪なのです。北側が完全に壁だけなのにそこに面して収納スペースが作られているのです。だからもう結露がひどい。すぐにカビが生えます。だから収納スペースの半分も使えません。上下左右スカスカにして空気の通りをよくしてあるからです。

賃貸はただでさえ収納が少ないのにこれではねえ。しかも毎月家賃はけっこうするでしょ。長く住めば住むほどもったいないような気も・・・。

もし買うと20㎡くらい今より広くなるんですよね。外に物置スペースもあるしさ。いいなあと思うのです。でもすごい大手じゃないんですよね。手がけている会社は小さい。やっぱ一生に一度の買い物、悩みはつきません。

2006年11月 7日 (火)

結局やめるかな?

マンション購入をどうしようかと悩んでいるうちにすぐにマンションのモデルルーム見学会。そして予約・・・と続くらしい。モデルルームは見たもののもちろん新しいしきれいだし、まあうらやましい。

うーーーん。もちろん実家とも相談が必要だろうし、そんなすぐに決断できません。

高い買い物です。でもちょっと気持ちが新しいマンションもいいよなあって気持ちにも傾いています。

まず、収納があって広くて最新の設備で快適に暮らせますよね。これから子供3人はしばらく家にいるわけですので今一番広くて快適な住まいがあるのがいいのかなあと思ってしまったわけです。

それにしても今週中に決断すると希望の部屋をとっておけるって・・・。ちょっと無理でしょ。そんな早く決断できませ~ん。ということはやはり今までと同じように見送ることになるのかなあと思ってます。

昨日もだんなといろいろ話しましたが結論出ませんね。今日は実家にちょっと意見を伺ってみるつもり。どうかな。

2006年11月 5日 (日)

自転車

娘1は保育園にいる間に自転車に乗れるようになりました。保育園にある自転車もどきのもので練習したようです。だから親としてはなんの苦労もなくまあすごい!って感じでした。でも娘2は小学生になっても全然乗れませんし、乗ろうという気もあまりないようです。

その娘2がこの連休で自転車に乗れるようになりました!まだ乗りはじめが少々ふらついて失敗することもありますし、前に遅い自転車があったりするとうまくよけることができませんので、100%ではありませんが、すごい進歩です。

この連休に実家に泊まりに行ってきました。近くにある交通公園で自転車の練習をしたのです。私が後ろをつかんで何周か回っていましたが、まだまだこわがっていてとても手は離せませんでした。しかも本人は「もう疲れた」と弱音ばかり。あと2周!と私ががんばっていたらじいじが来て代わってくれました。じいじの教え方は私とは違っていましたがこれが大成功!じいじは自転車をちょっと強めに押してそのまま手を離すのです。1回でもいいからこいでごらん。次は2回。とやっているうちに・・・初めはすぐに足をついて止まっていたのですが、だんだん距離が伸びていったのです。もう見ている私が感動です。バカみたいに涙がでそうになってきました(もちろん我慢したので本当に泣いてはいませんが)。

娘2もうれしそうです。じいじありがとう!!!

なんと翌日も復習のために交通公園へ。だってこんないい練習場所近くにないからね。そうしたらますます上手になってました。しかもこの日は娘2から「もっとやりたい」と何周も回っていました。まだまだふらふらしてるけれど、あのうれしそうな自慢げな娘の顔が親としてはめっちゃかわいいです。

こうやっていろんなことに自信をもたせてやると、娘2もいい方向へ変わっていくんじゃないかなと思いました。やっぱりいやなことから逃げずに努力して成功した体験を重ねさせたいなと。自転車ってほんといい体験になるんじゃないかな~と期待。

2006年11月 4日 (土)

白髪

白髪が増えました。私はいまだに実家近くの慣れた美容院に行っているのでなかなか行けません(実家までは車で高速使って1時間弱)。まあ髪が伸びると実家へ行く口実ができていいかなとも思ってます(だんなは実家へ帰ってだめなんて一言も言いませんけれどね)。

前回美容院に行ったのは8月末。染めとカットでした。まだ2ヶ月なのにもう白髪が目立ってきました。いやですねえ。でも今回は久しぶりにパーマもかけてみたいんです。ずっと前に一度に染めとパーマをやったことがあったのですが、頭が痛くて痛くて。もう2度とやらないようにしようと思いました。薬品がきっと強くなっちゃうんですよね。

ということで今回パーマをすると染められない。ということは初めて自分で家で染めることになるかなあと思ってます。1週間後くらいなら大丈夫かな。だんなに手伝ってもらうのかなー。ひとりでできるかなー。

美容院は楽しみです。自分が変身できそうな気がしてわくわくします。さあどんなふうになるのかな。

2006年11月 3日 (金)

おいでよどうぶつの森

ゲームの「おいでよどうぶつの森」がこの冬映画になるそうです。既に前売り券を発売中。この前売り券を買うと、金のスコップなど金のグッズが一つもらえるらしいのです(ゲームの中に)。我が娘はぜひ見たいし金のグッズも欲しいということだったので前売り券を買って行こうかなあと考えていました。

でも子供会の行事で冬に映画に連れて行ってもらえます。今年は一体何を見るのかなあと思い質問してみましたらまだ決定していませんが、第1候補が「どうぶつの森」だそうなのです。残念ながら団体で行くときには金のグッズ引き換え券は多分もらえないとのことでした。

まあ仕方ないですね。同じ映画を2度みることないですからね。家族4人で行けば金のグッズを4つももらえるらしいので、要らない人もいるだろうな~。オークションにも引き換え券はでそうな気もします。安かったら落札しようかな~。

2006年11月 2日 (木)

娘2の友達

娘2は早生まれ。そのせいかどうかとにかくのんびりやさんです。そして泣き虫。

学校は楽しそうに通っているのですが、「今日はどう?休み時間は誰と遊んだ?」と聞くと「誰とも遊んでない。1人で滑り台やった」「1人で絵を描いてた」「1人で鉄棒やった」といつも1人。本人はそれでいいらしいのですが、親としてはやや心配。

帰宅後も友人Aちゃんとしか遊びません。そのAちゃんと遊ぶことも本人はあまり気が乗らないようで・・・。Aちゃんからは遊びたい日には何度も電話がかかってきます。けっこうくどい。あと10分くらいして準備できたら行くねと言ってもその間に3回は「まだー?」と電話が来ます。今日は習い事があるからと言っても「そんなのやめればいい・・」などとなかなか電話を切らしてくれません。土日なども家族で出かけるから遊べないと言っても「なんでー・・・」と何度もかけなおしてくるし、結局最後は8分54秒も断る電話の話が続いたのです。電話の相手は娘2ではなく私なのだ。娘2は「今日は遊びたくない」と言うとAちゃんの話が終わらなくても勝手に切ってしまうのでAちゃんは私に話してくるのです。

ちょっと私も困ってます。だからお互いに他にもいろんな友達を作って遊んで欲しいと思ってるのですが、どちらにもできないようで・・・。友達ができないのはどちらも問題だと思うので取り合えず、いろんな人が来そうな場所に娘2を連れて行こうかと計画を立てたのです。

子どもの家は小学校のすぐ近くにある施設です。親が仕事で留守の場合など子供は学校から直接子どもの家に行きます。そして、宿題をやったり遊んだりしながら親が迎えに来るまで待つところです。一緒に宿題をしたり遊んだりしてくれる大人もいます。

そこは我が子のように親がいるから家に帰る子でも、普通に帰宅後遊びに行ってもいいのです。そこにはまた別の子がいるから友達とかできるかなあと連れて行くことにしました。

でも運が悪いことに今週でそこの体育館は終了。改修工事をするので1ヶ月使えなくなってしまうそうです。残念。でもこの2日間は大喜びで遊んでいました。ただし・・・私も見ていたのですが、やはりほとんど1人で遊んでます。誰かと一緒にってことには興味がないみたい。次は竹馬・次はボール・次は輪投げ・・・とどんどん遊具は変えるのですが、それも自分の気分次第。誰かと一緒にってないんですよね~。

昨日はフットベースをやっていたので「入れてもらいな」と入れてもらったのですが思うようにできないし・・・で最後は半泣きで「もう1人で遊びたい」と言ってました。

同じマンションの2歳年下の子と遊んでいるときはめちゃめちゃ平和で楽しそうなんです。つまり年下の子と遊んだ方が娘2にはいいってことかなあ。でもそんなわけにはいかないとも思うし・・・。

やはり娘2の友達作りはやや心配です。来年は子供会のフットベースチームに姉と一緒に入れようと思ってます。1人でいいならそのまま見守っていればいいのかなあそれなら私は楽だけど・・・とも思うのですが。できない・負ける・悔しいってことを避けて通ろうとしているのが心配です。負けず嫌いはいいのですが、努力して次はがんばる!ではなくて負けるからもう参加しないって感じなんですよね~。

2006年11月 1日 (水)

唐辛子

昨日、娘は子どもの家で元気よく1時間遊びました。体育館のようなところで走り回ったので汗びっしょり。これは実は娘2の友達作り計画その1なのですが、まあそれはまた今度。

今日はその疲れた娘が夕食中から眠いと言い続け、今にも眠ってしまいそう。帰宅後お風呂に入っていたのですぐにベッドで眠ってしまいました。私は夕食の片付けです。すると、娘2が寝ている顔の上に、娘3がいつのまにか持ち出した一味唐辛子をバーッとかけたからさあ大変。娘2は「ギャー」と泣いて起きてきました。

そうです。今日は湯豆腐でした。机の上には私が使った一味唐辛子がのっていました。もう娘3はふたも取れるのですね~。布団は真っ赤。娘2は「痛い痛い」と言うのでもしかしたら目に入ったのかなあと、とにかく水道水であわてて目を洗いました。そのうち落ち着いてきたのであとは様子をみようと・・・。今朝はすっかり痛みもないようで元気に学校へ行ったので大丈夫だと思ってますが、ほんと焦りました。

先日はじゅうたんの上に醤油差しから醤油をザーッとこぼされたので醤油は気をつけていたのですが・・・。

上の二人のときはこんなにいろいろなかったのですが、それはすでに仕事に行っていて、母に預けていたからかなー。母はきっと私よりもっと注意して見ているからそんなばかなことはやる前に未遂で終わっていたのだろうな~。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »