無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« 1Q84 村上春樹 | トップページ | 終わるのになあ »

2011年2月12日 (土)

死亡フラグが立ちました! 七尾与史

娘が買ってきた本です。読んでみました。

まあテンポ良く読めておもしろかったですけれど、娘の好きな「都会のトム&ソーヤ」の主人公とちょっと似てるかなあと感じました。

主人公の語り手は真面目な感じの青年、相棒はひょうひょうとした雰囲気の天才肌の青年。でも、ちょっと違うのは「都会の・・・」の方は、誰も死ななくて平和ですが、全体の雰囲気はコメディーなのに、「死亡・・・」の方は本当に何人も死んで行きます。

けちをつけるとしたら・・・なんで家族をめった刺しで殺さなければならなかったわけ?女性の方も最初の殺しはともかく、あと、あんなに簡単に殺したりできるわけ?

「白夜行」の主人公の女性の感情と同じなのかと思えばまあまあ・・・分からないこともない?それにしてもそのあたりの感情がまったくないので、犯人への感情移入はまったく無理。最後までコメディーでおもしろいよ~って内容です。

でも、私としては、コメディーならそんなに死ななくてもいいのにって感想を持ちました。

« 1Q84 村上春樹 | トップページ | 終わるのになあ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

七尾さんの作品のテンポ感はどこから?

ちょっと変わった解説ですけど、↓のサイトで七尾さんの性格とか、
解説してますね。
http://www.birthday-energy.co.jp
その場を乗り切る点が、テンポの良さに繋がってるのかも知れません。

七尾さんの作品は総じてテンポ良く読めて、気になって
読んじゃうんですよね~。
いや~、どっぷり浸かってるっていうのかな、これ。

新作『殺しも芸の肥やし 殺戮ガール』も出ましたしね。

マシューさん、コメントありがとうございます。
死亡フラグなど、発想が奇想天外でおもしろいですね。
ほかの作品の紹介どうもありがとうございます。
みんなテンポよさそうですね。
また読んでみま~す!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1Q84 村上春樹 | トップページ | 終わるのになあ »