無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

« ロッククライミング プレイマウンテン | トップページ | 家康の子  植松三十里 著 »

2012年5月13日 (日)

真夏の方程式  東野圭吾著

長女が学校から借りてきた本を私も読ませてもらいました。いまどきの中学校の図書室っていろんな本があるのですね~。

読んだ感想は・・・

人を殺すという一線をそんなに簡単に越えられるものかなあというものです。犯人は普通の感覚を持った人のようですからね。それなのに罪をかばってもらったままのうのうと生きているように思えてしまうのです。そして、その罪を秘密として胸にしまったままで、真っ当な人生を歩むことができるわけがない、心が病んでいくに違いないと思えるのです。

「容疑者Xの献身」が1番だなあ。あちらは素直に感動しました。

もちろん最期まで面白く読めましたけれどね。

« ロッククライミング プレイマウンテン | トップページ | 家康の子  植松三十里 著 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロッククライミング プレイマウンテン | トップページ | 家康の子  植松三十里 著 »