無料ブログはココログ

お気に入り

  • すまいる♪めもり〜ず
    毎日、笑顔で送れるといいのにな‥‥    そして、振り返った時、笑顔・微笑んで思い出せれるような    素敵な人生にしたいな‥‥
  • キャッチボール
    キャッチボールで、心と心の会話を話そう!!。

2011年8月30日 (火)

左尿管結石でした

ここ数年会社の健診で尿検査が引っかかり、原因不明のまま、疲れてるからかなあなーんて思っていました。昨年、その原因が見つかりました。

石があったのです。

石があると相当いたいと聞きますが、私の場合は自覚症状なし。

尿管とは言っても、尿管瘤の中だったので、ほとんど動かなかったからかなあ。

超音波で砕くのが第1段階。粉々になりました。それでもまだ出ません。

治療開始から1年ほどたったでしょうか。

第2段階は、内視鏡による切開術。尿管瘤の出口を切ったようです。

すると・・・レントゲンで見るとすっかり石が消失しているではありませんか。

よかったー。

副作用っていうのかな?手術によって尿の逆流が起きるとまずいらしいのですが、それも大丈夫ということで、もうほとんど無罪放免になりそうです。

やったー。

病院の先生、ありがとうございました。

とても良い病院でした。

2010年2月 5日 (金)

抜糸終了

娘の指の手術の抜糸が無事に終わりました。

リハビリには通わないといけませんが、通院は母にお任せです。申し訳ないです。

で、手術の結果、驚くほど簡単に親指が動くようになりました。伸びるし、曲がります。よかった~でも左の親指もあるのです。どうしようかな。

左は利き腕ではないし、まあこのままでもいいかなって感じでいます。娘もまだ今は手術はもう嫌みたいなんで・・・。

2008年8月22日 (金)

プールサイドでつるっ!

土日と海水浴に行きました。わが家族5人+わたしの両親です。

海水浴なので両親にはきついかなあとは思いましたが、部屋でのんびり待っていてもいいしと誘いました。

当日大変よい天気でした。結局両親とも海の中まで入りけっこう楽しんでいました。

また、我が子の面倒もよくみてくれて、一緒に貝を拾ったり浮き輪とともにぷかぷか浮かんだりと楽しく過ごしました。

事件はその後、旅館に戻ってからのできごと。旅館にプールがついているのですが、そこで、父は娘1・娘2と一緒にビーチボールで遊んでくれていました。娘3はだんなと、わたしは海で砂だらけになったテントや浮き輪を洗っていました。母は着替えをして部屋に戻っていました。

そんなとき、プールサイドの方に転がったビーチボールを取りに行こうとして上がった父がつるっとすべって、後頭部をプールサイドでごっちーんと打ち付けたようなのです。

血を流しながら来た父を見てびっくり!!

応急処置をしてもらい、血は徐々にとまってきたものの、頭のことだし年齢のこともあるので、すごーく心配でした。

傷は2cmくらいかな。縫うのかなあと思いながら休日にも診てもらえる病院を教えてもらい、連絡しました。

ただその頃めちゃめちゃ不安になることが・・・。

「じいじ、サンダル履くか持つかしてね。部屋までもうもどろうね」とサンダルを渡すと「ん?これ誰の?」「・・・。」

「えー今までこれ履いてたじゃん。昨日買ったって言ってたよ。高いけれどやっぱり履きやすいって。」

「ふーん。そうか」

やっぱり頭を強く打ったから何か頭の中をこわしちゃったかー!!大丈夫か!とどきどきです。部屋に戻ってもなんだかおかしい。表情にも元気がなくて目に力がない。

保険証がなくて、両親の自宅近くにいる妹にコピーをFAXしてもらい、それでもいいよと言ってくれた病院に行くことにしました。保険証を探してもらったりとけっこう時間が経ったのですが、その頃にはもう父もすっかり正気になっていて、サンダルのことも転んだときのこともきちんと思い出していたのでずいぶん安心はしていました。

でも、やっぱり早く行ったほうがいいよねと母と病院に連れて行きました。

お医者さんがとっても親切でいい感じの方でよかったです。CTも撮ってくれました。今のところは縫う必要もないし大丈夫だそうで、一安心です。

ただ、頭を強く打ったときは数週間後に症状が出ることこともあるから変化には注意してと言われました。あれから2週間。あと2週間くらい何も起きなければ本当に安心していいのかな。

ほんと心配しました。海やプールで孫のめんどうを見させたからいけなかったよな~と反省です。なにごともありませんように!

2008年5月10日 (土)

胃腸かぜ

古い話題ですが、ゴールデンウィークは家族全員胃腸かぜで寝ていました。

すごい感染力ですね~

毎日仕事のしめ切りに追いまくられてちょっとお疲れモードの私ですが、熱を出したおかげで!?ゆっくり休めました。ちょうど実家だったので母にいろいろやってもらい私も子供も寝てるだけ。ゆっくり休めたので1日で回復しました。

この週末はちょっとのんびり。

明日は雨でなければ資源回収があるけれどどうかな?雨なら来週に延期。どちらもとくに予定がないのでどちらでもいいのですけれど。

昨日新茶を開封しおいしく飲んでいます。

おいしいお茶を飲むとふ~とひといきつけますね。

ちょっと前まではとくにお茶にこだわらず1年中麦茶だったのですが、私も年をとったということかしら?新茶がおいしいでーす。

2008年4月 7日 (月)

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

まぶたのところにある脂肪の分泌腺がつまってしまい、脂肪のかたまりができてしまうことを霰粒腫というそうです。

私はこれがほんとよくできます。眼科の先生には、疲れているときや不潔にしたりするとできる場合もあるかな~といわれました。

汚い手でこすったりしてるのかなあ?それとも疲れてるのかなあ。どちらも自覚はありませんが、もう何度できていることやら・・・って感じです。

まぶたのきわにぽつんとにきびのようなものができるのです。痛みもかゆみもないし、そのままにしておいてもよさそうな話でした。

ちょっと切開しにくいところなので、切開すると数日間眼帯になるから面倒かなあと言われ、とりあえず切開はしていません。ピンセットのような物でぎゅ~っトつぶされました。それも痛かったわ~しばらく様子を見てまだ治らないようならまた来てくださいといわれました。でも治らないのですよね~

いつ行こうかな。

2008年2月11日 (月)

かぜでした

今月から仕事を始めました。

そして、すぐにかぜ・・・。がっくり。

事前に気がゆるむとかぜをひくのでと注意されていたのでより落ち込みます。

私は気がゆるんでいたのか~と。

久々の仕事に疲れていたから菌をひろったのでしょうね。

3連休中は急に熱が上がり、40度までいきましたが、ようやく今日熱が下がりました。

土曜に行った病院ではインフルエンザではなかったと言われたものの、今日、なんと末娘がインフルエンザと判定。ということは・・・私もインフルエンザだったのではないかな~

現在娘3が40度でうなっております。タミフルを飲ませたので次第によくなると思うのですが、どうかな。

自分の1週間を振り返ってみるともうその日その日の仕事に追われるばかりで、自分のペースではないので、疲れもたまるのだと思います。

来週はもう少し先を見通せるようにならなくては・・・。

とにかく今日はのんびりじぶんのかぜを治すことと、娘3の世話しかありませんけれどね。

2008年1月16日 (水)

股関節が痛い

右の股関節がどうも痛かったのです。もう1ヶ月にはなっているのではないかな。

普段の生活ではほとんど使わないので感じませんでした。

最近WiiFitで座禅をやろうとして発見したのです。一体いつから痛かったのか。でも、まあ座禅をすることもないだろうし、まあいいかとそのままにしていました。

他には横座りを右に膝、左に足が来るようには痛くてできません。

昨日、ふっと思ってヤフー知恵袋で検索してみたところほんとに同じような症状の質問を2つ見つけました。

そこには「変形性股関節症」という耳慣れない病名が書かれており、とにかく早く医者に行くようにアドバイスされていました。

急に恐ろしくなって時計と診察券を見ると、ちょっと前まで肩のリハビリに通っていた整形外科の診察時間に間に合いそうです。12時ちょっと前でした。慌てて病院に直行です。

レントゲンを撮り、診察が終わったのは14時少し前だったかな。意外に待ち時間が少なかったのでありがたかったです。ほんとよく混む病院なのです。

そして結果、レントゲン写真を見て骨には以上はないし、それほど痛くないのなら1ヶ月は様子を見ていいでしょうといわれてほっと安心です。一過性のものではないかなと診断されました。腰などいろいろな部分を押して「ここは痛いですか?」などと聞かれたので、おそらく変形性関節症などの病気であれば腰なども痛くなるのかな~と思いました。

私は痛いとはいうものの先生は動きもそれほど悪くないと言ったので、痛い人はもっと曲げられないのかなとも思いました。

少々大げさだったのかもしれません。でも安心できたので行ってよかったです。

2007年11月 6日 (火)

リハビリ終了

肩の痛みがほとんどなくなり、ようやくリハビリ終了です。結局3ヶ月も病院通いでした。膝の方も痛みはなくなり無事正座ができるようになりました。

ちょっと運動するとすぐにどこかを故障するようではおそろしくて何もできません。

あ~あこんな私も子どもの頃はけっこう運動とくいだったのにな。いつもリレーの選手だったし、中学のマラソン大会も10位以内でしたし、幅跳びなんて4メートルは跳べたのよ、と今娘に行っても全然説得力ありません。

足がもつれそうで全速力なんて絶対にできないし、娘とジョギングしても300メートル走ったらもうつらくて私だけ歩きになりますし、逆上がりもできなくなっています。

こう考えると実年齢以上に相当衰えているような気がします。

Wiiでfitとかいうヨガなど体力測定のようなソフトが発売されるそうですが、ちょっと興味あります。予約するとか並んで買うまではないでしょうが、店頭に普通に並ぶようになったら買っちゃうだろうな~

体力年齢70歳ですとかいわれそう。

2007年10月12日 (金)

捻挫その後

捻挫はたいしたことなさそうです。

今朝は痛みはあるものの普通に歩けます。左くるぶしの辺りが腫れていますけれどね。1週間ほどでよくなりそうな予感。

よかったよかった。

今年は七五三があるので、スーツぐらいは着なくてはいけません。家族写真も撮っていますからね。

ということで、洋服ダンスからちょっと昔の黄色っぽいスーツを引っ張り出して着てみたのですが、予想通りスカートがきつい!

写真だけだからちょっとぐらいきつくても我慢しようかなとためしに着てみました。スカートのファスナーがたるみきったお腹の肉をはさみそうです。気をつけて着ました。きついが着ることができる。ということはあと1ヶ月近くあるのでちょっとやせれば大丈夫!と喜んで脱ごうとしたら、ファスナーをおろすときお腹の肉をはさみました~!!!油断大敵でした。

痛い!どうやって取るのか?おろすのかあげるのか?どちらにしても肉が引っ張られておそろしいことに。ここは決断して再び上げることにしました。

よかった~はさまった肉は無事に取れてスカートを脱ぐことができました。

無理は禁物ですね。唯一普通に着ることができるグレーのスーツで出かけることにします。

2007年10月11日 (木)

今度は捻挫

肩の痛みも膝の痛みもようやくほとんどなくなりました。かれこれ3ヶ月ですね。

しかしまだリハビリ終了の診断は出ず、もう1ヶ月だそうです。

ただ、今までは週2回以上と言われていたのですが、これからは週1回でいいって。

もうひとがんばりです。

ところが、今度は捻挫です。昨日バドミントンへ行き、左足首をぐきっとやってしまいました。5分ほど休んだら痛みもひいたのでそのままバドミントンを続けました。

しかし、今朝起きたら足が地面につけないほど痛いではありませんか。20分ほどは片足けんけんで朝食の準備などをしていました。

その後、徐々に痛みがひいてきて引きずりながら歩けるようにはなっています。それにしてもこんなに痛くなるとは予想外でした。昨日ひねってからやるべきではなかったのでしょうね~。

明日の朝はどうでしょうか?とりあえず湿布を貼って安静にすることにします。

だんなには「やっぱりもう激しい運動はするなってことじゃないの」と言われております。

より以前の記事一覧